新作モデルのテストライディング

今日は午前中に身体のメンテナンスを2箇所の医療機関で受けて、昼過ぎから海に向かいました。まずはローカルポイントのP2はダンパーでフェイスの無いいつもの低気圧通過後のコンディションだったので、困った時の”裏パーク”に行くと案の定サイズこそ腰から腹のショアブレイクで、フェイスもなんとかあるので早速入りました。ボードは先日完成したホンジュラスマホガニーのハンドプレーンで、1本目から遅れることなくテイクオフが容易にできました。2本目もスムーズに、そして、3本目にはチューブに入ったかなという感じで帰宅後にGoProを確認するとかろうじてリップがかかっている感じでした(表紙画像)。

その後はテイクオフはするものの直ぐにダンパーになるコンディションでしたが、このボードの状況は大体把握できました。

0203060708

テイクオフは非常にしやすく、操作性もまずまずでした。

次は桐のボディーボードタイプのテストライディングを予定しています。