6月14日のライディング(画像)

今朝は目覚めが遅れてしまい、海へ向かうのが遅れてしまいコンディションは悪い状況へと変わっていました。 8時前に地元のポイントに着くと、波はワイド気味で期待していたショアブレイクが炸裂していないどころか、弱々しい腰程度の波にサーファーは大勢という悪い状況でした。唯一の救いは多少オフショアが残っていて、一時的にチューブを巻いているショアブレイクのポイントがあってここにはいりました。 動画ですと瞬間芸になってしまうので、画像で紹介します。  

01

チューブを狙うー#1

テイクオフ後、波のフェイス側にエッジを入れてできる限りフェイスに近づきます。少し右後方からフェイストップがかかり始めてきました。

03

チューブを狙うー#2

右側のフェイスの状況を体感および目視で確認してハンドプレーンのエッジ加減を調整していきます。

04

チューブを狙うー#3

オフショアの恩恵を受けて頭はチューブの中に入った感じですが、地形とオフショアの状況によってはここで崩れておしまいになってしまいます。

05

チューブを狙うー#4

右後方からハンドプレーンあたりまでチューブに入った感じで、前方がチューブホールから見ることができます。

06

チューブを狙うー#5

波のサイズが腰程度なので、期待した加速ができずにチューブが被ってきてこの後万事休す。

 今日は目覚めが遅れたことが最大の敗因ですね。7時前までに入れれはもう少しオフショアが強くてしっかりとしたフェイスでチューブが期待できたと思われました(涙)