Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/wavers/axulea.com/public_html/wp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/wavers/axulea.com/public_html/wp/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/wavers/axulea.com/public_html/wp/wp-includes/plugin.php on line 601
Material Archives - Page 3 of 11 - axulea

ハンドプレーンが完成

これからのシーズン『小波でも毎日乗れる』をコンセプトにしたハンドプレーンと、こだわりの素材を贅沢に使用したハンドプレーンが無事完成しました。 (more…)

ハワイアンコア到着

やっとハワイアンコアの3Aグレードの大板が到着しました。今後ハンドプレーンを作るサイズ、特に厚さのあるコアは入手が難しい状況になってきたので、思い切って購入しちゃいました。 (more…)

レア素材のフィッシュフックネックレス

今年はホームページのリニューアルに追われてしまい、年初の計画が全て1ヶ月遅れでリカバリーに四苦八苦する日々をここに来て追われています。この1ヶ月の遅れはどうしても取り戻せないとジャッジして幾つかの予定を中止としました。 (more…)

反り鉋

本日はニューボードのシェイプを反り鉋で行いました。 材料が桐ということもあって簡単にシェイプ出来る予定でしたが、年初早々にシェイプした時に寒くて鉋の刃研ぎをさぼっていたために、切れ味が悪くて途中で作業を中断して刃研ぎ作業をしてしまいました。 (more…)

新商品を追加

先日削り出しからプライマー処理まで行いましたハワイアンコアのフィッシュフックネックレスが完成しました。かなり安い価格を設定し、更にセール価格にしていますので超お買い得のフィッシュフックネックレスになるかと思います。 (more…)

仕事復帰

今日は早朝から仕事をする予定でしたが、連日のパソコンとの戦いですっかり花粉症のことを忘れかけていました。ということで、午前中は室内で雑用を処理して午後から作業に入りました。当初、ハンドプレーンをシェイプする予定でしたが、半日だと作業が中途半端になってしまうので、在庫切れしているハワイアンコアのフィッシュフックネックレスを制作することにしました。 (more…)

初乗り

今朝はローカルから波が有るとの情報を入手して、チェストナット製のハンドプレーンのテストライドにインナーネック、グローブ、ウェットソックスと完全防寒体制で海に入りましたが、徐々に暑くなりウェットの中が汗だく状態になってしまいました。帰宅後のニュースでは4月上旬の気温とのこと、完全に失敗のスタートとなってしまいました。 ローカルポイントのP2に入りました。波は腰から腹、ワイドで厚め、ショアブレイクでドッカンというコンディションで、初めは沖目を狙っていましたが厚く乗りにくかったので、命がけでショアブレークを狙いました。 テイクオフ後のスプレーに陽光が当たり美しい! この後チューブを狙うが・・・ この後チューブに入ったが・・・ 上のチューブ狙い2本は、ショアブレークに巻かれ超脱水機状態で引力を感じない無重力の世界に入ってしまいましたが、パニック状態にならないように落ち着いて対応したので大丈夫でした。でも、正月早々からスリリングなライディングになってしまいました(笑)。 ★今日のワンポイント: ウェットソックスを履いてワンサイズ大きいフィンを使用するとキックの瞬発力が落ちることをことごとく感じました。

防寒アイテム

始めにクリスマスセールも残すところあと明日一日となりました。 今回のセールでは価格はもちろんのこと、送料が無料という大サービスになっていますので、ぜひ購入を考えている方はお早めにご注文ください。 さて、今年の冬はジャーフルで越冬しようと考えて、首回りの防寒アイテムとして被るタイプの首用インナーネックを11月下旬に購入しましたが、波がない日が続いて未だに使用できていません。 年内に海に入るチャンスがあるのか非常に微妙ですね。

アカシアのハンドプレーン

先週地元の雑貨店でハンドプレーンの素材として魅力のあるアカシア製のトレーを入手して、時間を見て少しずつハンドプレーンへと変身させました。 アカシア製のトレー(表側) アカシア製のトレー(裏側) 以上がトレーの原型ですが、このトレーを使用するとボトム側のコンケーブをシェイプする手間が省けるので非常にすぼらなハンドプレーンの制作となりますね(笑)。 実は今から20数年前、フィリピンからこの手のアカシア製の民芸品をかなり輸入していたので、この世界の事情にはかなり精通していますが、フィリピンのバギオ周辺の山岳集落地帯で、元締めが有能のカーバー(彫刻作業者)を雇って一つずつ手作業で削ります。それを輸出業者がいくつかの元締めから購入して日本で輸入するのですが、技術の開きがあまりにもありすぎて度々現地に品質の調整に出向いたものです。 ということで、今回購入したトレーは同じものが7個お店に並んでいましたが全て品質が異なっていましたが、その中でAクラスの商品が今回のトレーになります。 今回のトレーは30cm強のサイズで幅も18cmと小さいため、極力サイズを落とさないで、面積を残して浮力を得られる様最小限のシェイプとしました。そのため、単純な楕円形のエッグタイプの形状になりました。 トレーと色が違うのは、実はお客様がトレーとして購入する時に白と茶の対象色を軽減するために、下塗りの時点で茶色の顔料を使用してラッカー仕上げをしているためです。 デッキ側。axuleaのダブルウェーブ"a"をブラックウォールナットでインレイ(象嵌)加工しました。 ボトム側。少しだけ"T&C"を思わせる白と茶のマーブルカラーになりました。アカシアは木の芯の部分と他の部分で白と茶のカラーが楽しめます。 テール側からのコンケーブ。 テール、サイド側からのコンケーブ。 ノーズ側からのコンケーブ。 ノーズ、サイド側からのコンケーブ。 サイドからのシェイプ状態。 ということで、アカシアトレーが素晴らしいハンドプレーンとして誕生しました。 テストライドしてご報告したいと思いますが、波が良くないためにテストライド待ちが既に4台あります。 多分来年になってしまうでしょうね。

ハワイアンコアのボードが完成

ハワイアンコア3Aクラスの板目材から、今シーズン最も小さい11.5インチ(292mm)のハンドプレーンを制作しました。 デッキ側 グリップした感じ。 小さいといっても、掘れている波であればモモサイズから十分に使用ができるようレイル、エッジ、コンケーブには様々な工夫を取り入れています。特に今回センターからテールにかけては初めてタックドエッジ取り入れてみました。 浮力と推進力を持たせるためにレイルはラウンド気味にして内側に入った部分にエッジを立てる感じで、ウインドサーフィンのスラロームボードにこのタックドエッジが取り入れられてから、次から次へとスピード記録が更新された伝説のエッジです。 さて、このアイデアがテストライドで吉と出るか凶と出るか今から楽しみです。 結果が出たらご報告します。
The message will be closed after 20 s
Ajax Loading